NOZUMIの家を構成するもの

●屋根材●

<瓦> 粘土瓦は、表面は強く、色味に関しては半永久的にメンテナンスがいりません。屋根裏の熱がこもらないので夏は涼しく冬暖かい特性があります。最近では地震に強い防災瓦が普及しています。また、ガラス瓦は現在の瓦葺屋根の美しさをそのまま活かして住宅各部屋の天窓、日照条件の悪い北側の部屋の採光に使えます。

<ガルバリウム> ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の特徴を併せ持ち、一般的な住宅材よりも耐久性・耐食性に優れています。現在のものは日射反射率もよく、屋内への熱伝導を減少させ、塗膜へのダメージも少なくなりました。瓦に比べると熱を吸収するので、OMソーラーの屋根にも使われています。OMソーラーでは、設置したガラス集熱面で、更に空気をあたためます。

<<戻る

ページの先頭へ