NOZUMIの家を構成するもの

●断熱● 外壁面と窓も一緒に考えるトータルな断熱

 断熱材はセルローズファイバーという、古新聞をリサイクルしたものや、高性能グラスウール、羊毛断熱材、基礎断熱材にはスタイロフォームなどを使います。
 いずれの部位でも、断熱材の種類によって厚みを計算し、住宅性能表示制度の温熱等級最高ランクの等級4を満たします。
断熱効果はどんな断熱材でも同じ効果があるというわけではなく、適材適所の素材を活かした工法や施工技術によってはじめてその実力を発揮します。暖房や冷房の使いすぎを減らし、「光熱費節約」や「CO₂削減」と言う効果をもたらします。
 当社では『グラスウール充填断熱施工マイスター』の資格を持つ職人が施工します。
 窓などの開口部は複層ガラスのものを使用します。アルミだけでなく、より断熱効果の高いアルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシ、木製サッシなどがあります。
ガラスも遮熱効果の高い Low-E ガラスなど、場所にあったもの を選定しています。

<<戻る

ページの先頭へ