建築コラム

フランスに「ル・コルビュジェ」を訪ねる旅

連休に
フランスへ行きました。
南フランス マルセイユから北上して
最後パリまでの8日間でした。
ツアーでの海外旅行が初めての参加となり
ちょっと緊張しました。
建築ツアーで
「ル・コルビュジェ とアールトを訪ねる」
なので・・・・
28名の内27名が建築関係者でした。
北は北海道から 南は沖縄まで
年齢も20代から70代まで・・・・・
一般観光のように 買い物の時間が無くて良かったです。
食べ物は毎回苦労します。
食べられるものが少ないです。
(肉と乳製品がダメなので・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
観るところがコルビュジエの建物が中心でした。

kc_31_01

ユニテダビタシオン
1945~1952
マルセイユ 

公共集合住宅 ピロティー方式
長さ165m 幅24m 高さ56m
メゾネットの 337戸の住宅
中間階には店舗 最上階には幼稚園
屋上には体育館と壮大な総合建築

 

kc_31_02

文化の家
1955~1965
フェルミニ

陸上競技施設 総合施設
なだらかな岩場勾配を巧に利用
青少年のための文化・教育プログラムとしての施設建築

 

kc_31_03

サンピエール教会
1960~2006
フェルミニ

コルビュジェ最晩年の作品
1965年に亡くなった後、継承され
完成しました。
資金的な事情で規模がかなり
縮小されました。

 

kc_31_04

ロンシャン礼拝堂
1955年
ロンシャン村

コルビュジェの最高傑作。
今回2度目の訪問で改めて
感動しました。
年代的にまた宗教建築として相当に革新的建築です。
蟹の殻から外形のヒントを得たとのことです。

 

kc_31_05

ロンシャン礼拝堂 内部

洞窟のようなイメージです。
光の取り入れが幻想的です。
中にしばらくいると時間から
解放されたような感じがしました。
また、行きたいです。

 

 

kc_31_06

ラ・トゥーレット修道院 1959年
リヨン

幾何学の風景です。
三角 円錐 四角・・見る場面で
多面体建築です。
修道士個室は1.83×6m 百室以上あり一般も宿泊可能です。

 

 

 

kc_31_07

サヴォア邸
1929年
ポワシー

コルビュジェ近代建築の5原則
(1) ピロティー
(2) 屋上庭園
(3) 自由な平面構成
(4) 横長窓
(5) 奔放なファサード(外観)

 

kc_31_08

ラ・トルネ修道院
1160~1175年頃
プロバンス 山奥

シトー会修道院三姉妹建築のひとつ
ゴシック建築と対比してのロマネスク建築は無装飾 簡素 厳格な建築
コルビュジェは教会建築の依頼時に
ここを何度も訪れています。

<< 建築コラム一覧に戻る

ページの先頭へ